自宅教室のお知らせから予約までラクラク解決|BANDインタビュー vol.10


最近、自分の得意なことを生かして、自宅で教室をする方、多いそうです。
クラスの日程、生徒さんたちへのお知らせ、テキストの準備など・・・自分で全て管理する必要があるので、想像しただけで大変ですよね。

今回、カリグラフィー教室PONTE NOTTEを運営されている伴美由貴さんから自宅教室でのBANDについてお話聞いてきました!


ーこんにちは!まず、簡単にカリグラフィー教室PONTE NOTTEについて教えてください!

2000年から大阪の自宅で行なっているカリグラフィー教室です。
現在、生徒さんは30人を超えていて、20代から80代まで、様々な年代の方が参加しております。


ー早速ですが、BANDを教室でどのように使っているんですか?

主に、クラスの日程を生徒さんたちに伝えること、そして、各クラスへの参加者の予約・確認に使っています。

クラスの日程を一度で生徒さん全員に伝えることができ、投稿のコメントでも連絡できるので、とても楽になりました。
同時に出欠確認も可能だし、定員や出欠の締め切りも設定できるので、管理しやすいです。講師としては、とても助かりますね。


ーそうなんですね!

あと、クラスの種類によって、色をつけられるので、生徒さんたちも確認しやすいそうです。特に、50・60代の生徒さんの中には、自分のクラスを色で覚えている方もいらっしゃいます。

BANDのカレンダーを自分のカレンダーに移して確認できるのも、便利だと言っていました。


ーなるほど!他にBANDを使い始めてからよくなった点ってありますか?

メールでいちいち連絡しなくてよくなったことですね!
今までは、クラスのスケジュールや変更点、テキストの準備についてなど、全てメールやホームページでお知らせしていたのですが、BANDを使い始めてからは、投稿1つでいいので、とても楽になりました。
トークでクラスごとにグループを作ることができるので、必要な情報を必要なメンバーにのみ伝えられます。

また、大きなファイルも添付できるので、資料も共有できて、印刷費を削減することができました。


ー複雑な連絡など、教室での手間をBANDでカバーしているんですね!そんな教室BAND運営のコツってありますか?

私が実際に行なっていることは2つあります。

1つ目はBand内でルールを決めること。
本名で登録すること、参加ボタンを押したらコメントをする、あとは長期間参加していない方は自動的に退会するなど、しっかり教室運営を行なっていけるような環境づくりには取り組んでいます。

2つ目は権限管理ですね。
投稿はリーダーだけに設定するなど、生徒さんたちがほしい情報だけをしっかり伝えられるようにしています。


ー生徒さんたち、先生、お互いに楽しめる環境づくりって大切ですよね!BANDに関するエピソードがあれば教えてください!

BANDってグループができてから1周年!などを教えてくれるんですよね。
以前、1周年の投稿が出てきたので、「投稿に反応してくれた方の中から先着順でプレゼントします!」という1周年イベントをしました。

思ったより皆さん反応が早くて、みんながBANDをしっかり確認しているということが分かり、嬉しかったです。


ー最後に、今から教室運営でBANDを使おうと思っている皆さんに一言お願いします!

教室での生徒さんとのやり取りを、1つのアプリで簡潔にできるので、とても便利になりました。
また、アプリで移動中など空いた時間に編集できるので、忙しい先生たちにはぴったりです!


ーありがとうございました!

今回は、『教室専用アプリ』として、活用している方の使い方を紹介しました。
教室の場合、先生が情報発信し、生徒さんはそれを確認・反応するだけなので、年代問わず、ご利用されているようです!

教室の連絡手段で困っているみなさん、BANDで教室運営始めてみませんか?

アプリダウンロードはこちらから!

▶︎iOS
iOS版ダウンロード

▶︎Android
Android版ダウンロード