関東最大規模の大学生ダンス連盟がBANDを使ってみた件 Part1 | BANDインタビューVol.4

BANDBLOG編集長のいしこです。
みなさんは、関東大学学生ダンス連盟Σ(シグマ)をご存知でしょうか?
ダンサーのみなさんや、大学生の時にダンスサークルに入ってたという方なら知らない人はあまりいないほどの有名なダンス連盟だそうです。
私は、学生時代ダンスとは無縁の世界で生きていたので知りませんでした。

いしこ
ダンス・・・すげぇウェイウェイ大学生のイメージ・・・こわっ。ガクブル

正直こんな感じでした。

今回、そんなシグマさんの第26回連盟公演『THE SQUAD』に弊社CampMobileがスポンサードし
BANDと連盟公演の運営及びダンサーと運営陣とのコミュニケーションに非常に相性が良いのじゃないかということでBANDを導入してもらいました。
そしてBAND導入からイベント開催までの様子、BANDを使ってみてなどをまとめて”BANDインタビューVol.4″という形で2回に分けてレポートしていきます。

Part1では、まずみなさんに楽しんで読んで頂くためにそもそもシグマとは何なのか、はたまた連盟公演とは何なのかをシグマのHPを元にご紹介します。

「関東大学学生ダンス連盟∑(シグマ)」は
関東中の45大学57サークル・所属人数約7,000人から成る、ダンスを媒介とした学生団体です。(2017年4月現在)
「学生ダンサーの輝く環境を提供する」という理念のもと、1年間に複数のダンスイベントの企画・運営を学生のみで行っています。
近年のダンスブームに伴い所属人数も増加、毎年イベントの総動員数は1万人を超えます。
多くの方に支えられ30周年を迎えた今年は、テーマ「革命」を実現します。既存のイベントに加え、ストリートダンスの環境・加盟者7,000人の抱える問題の改善を目指し、我々は日々挑戦し続けます。

(シグマHPより)
関東大学学生ダンス連盟シグマHP

なるほど。つまり、野球でいうNPB(日本野球機構)、サッカーでいうJFA(日本サッカー連盟)のような立ち位置ということですね。
では、今回私たちBANDを使って運営をした連盟公演というのは、一体どんなイベントなんでしょうか?

連盟公演というのは、連盟員の中から出演ダンサーを募りオーディションを勝ち抜いたおよそ400人のダンサーで作り上げる舞台公演であり、今年は、『THE SQUAD』というテーマで開催され2月3月は毎日50日間練習を繰り返し作り上げた公演だそうです。
これ以上の説明が難しいので
それでは、『THE SQUAD』のCM動画をここでどうぞ。


なんか普通にかっこよくないですか?
なんかこのCMみてワクワクしましたよね。
こんなCMを見させられたら、早く本番が見たい!!ということで
私、3日間ある公演のうち2日目を見に行かせて頂きましたので当日の様子をチョイ出ししますね。
僕の語彙力のない感想と共にどうぞ。

この躍動感・・・そして照明も最高ですね。

何これ、どうやってんのこれ??マイケルジャクソンがいっぱい。

いやぁ、女性ダンサーも超かっこよくてセクシー!!

んんん、もはや踊っていないぞ。これはミュージカルなのか??

めっちゃ素敵な笑顔、癒されます。

煌びやかですね!圧倒されます!

最後は会長とみんなで舞台挨拶。。。(涙)

これでシグマのことを知らないみなさんもシグマが如何にカッコいいイベントを作っているかがお分かりになりましたか?
これだけのイベントを作るのにどれだけの時間とコミュニケーションが必要になったのでしょうか?
そのコミュニケーションの部分に今回BANDを活用してもらいましたので、
次回は『シグマのイベント運営でBANDを使ってみて』をインタビュー形式でお伝えしていきます。
ダンサーのみなさん、次の記事も読んでね!!!

BANDのこと全然話してないやんけと怒られる前に、ドロンします。