いしこ、早食いされたってよ-第1回クラクラBAND杯-| BANDレポートVol.2

BANDBLOG編集長のいしこです。
4月24~28日にかけて、第1回クラクラBAND杯 全日本いしこ早食い選手権を開催しました。
今回の大会は、なんとあのClash Of Clansを運営しているSupercell様からグッズ提供をしてもらい、また過去最高級の景品が出るということで話題になり、総勢73クランにエントリーして頂きました。
そして入賞したクランのみなさん、おめでとうございました。
大会の公式レポートは、今回主催であるLinkJPのクロロさんが運営するクリプロ内で記事になりますので、
BAND運営部いしことして、今回のイベントを振り返っていきます。

クラクラBAND杯とはなんぞ?という方は以下をご覧ください。
第1回BAND杯 参加クラン募集開始!!

いしこ、早食いされたってよ。

そもそもどういう大会かと言いますと、大会タイトル通りいしこが早食いされるのです。

なんだ???

分かりやすく説明すると、Clash Of Clansには”チャレンジ”という機能があります。
このチャレンジとは、要は『ワシの村全壊してみろやボケ。』みたいな機能なんです。
いしこ早食い大会とはつまり、th5のいしこの村をどれだけ早く全壊できるのかを競い合うという至ってシンプルなものです。

読んでいる皆さんは、思いましたよね。
それってめっちゃ簡単じゃん。って。

ただ、ルールはこれだけでは無いのです。

こえぇぇぇぇぇ。
このルールが、参加クランを罠に陥れたのです。

このルールが意味することは、
・参加クランは5日間の間、密に連絡を取り合っていなければならない
・どの時間にだれがログイン出来るのかを把握していなければならない
・クランメンバー全員に大会の情報が共有されていなければならない

上記が出来ていないクランは、実力が出せずに散っていきました。
あのBANDBLOGでも度々取り上げている有名なクラン『ネコふんじゃった』もその1つです。
以下の記事を読んでみてください。BAND杯参加者の中ではもはや有名な話ですね。
BAND杯と、とあるプレイヤーの死


ちなみに、いしこ偽物ですからね。これ。

ルールを知らずに、早食い用ではなくマルチ用でth5の僕の村に挑んでしまい、無惨な数字を叩き出してしまう。そしてそのクランの戦いは幕を閉じる。
僕は画面越しで爆笑する。そんな場面が幾度となくみられました。

上位10クラン中9クランはBANDでクラン運営

ではタイムが良かったクランと良くなかったクランの差はなんだったのでしょうか?
前提として、素晴らしい才能とユニットを組んだことは大前提です。
それを踏まえた上で今回参加73クラン中、上位10クランのうち9クランはBANDでクラン運営を行っていたのです。
つまり、今回の大会はBANDで綿密に計画を立て、コミュニケーションが円滑に出来ていたクランが勝利したと言うわけです。
今回のBAND杯は、大会エントリーをする人だけがBANDに登録して、
LinkJPのクラッシュオブクラン交流雑談BANDに参加することが条件だったので、クランBandを運営していなくても参加可能だったのですがこういった結果になったことは1つBANDがクラクラ運営に適しているということを示したのではないでしょうか?

早食いされまくった僕はと言うと、毎日メンタルを削りながらクランを訪れました。
ただみなさんの『BAND使ってます!めっちゃ使ってます!』という言葉がとても嬉しく、BAND運営部としては収穫のある大会でした。
そして参加者の多くの方に言われました。『この大会は1回で終わらさないで欲しい。』

もちろんです。
第2回クラクラBAND杯開催決定!!!!

詳細はクリプロ、BANDBLOG内でまた告知を行います。
楽しみにお待ちください。

またまだクラン運営をBANDで行うのは検討中でリーダーだけBANDを使って試しているという方も多くいらっしゃったので
そんな方のために、以下の記事を参考までに掲載しておきます。

クラクラだけじゃなくモンハンまで!二刀流Band運営者に直撃 | BANDインタビュー Vol.3

2017.04.28

BANDにクラクラユーザーが急増中!!その理由は?| BANDインタビューVol.1

2017.04.17

まだBANDをダウンロードされていない方
▶︎iOS
iOS版ダウンロード
▶︎Android
Android版ダウンロード

今回、村を破壊されまくった私ですがクラクラもth6に上がり絶賛頑張っております。