【魔改造】4弦ベースでも5弦ベースの音を再現する方法【簡単】

どーも。カオナシです。

ベース歴10年ほどで、現役のミュージシャンなので楽器にはそれなりに詳しい方です。

5弦ベースを使うバンドのコピーをしたいけど4弦ベースしか持ってない、、、

今回はこのような悩みへの対処法を紹介していきます。

4弦ベースでも5弦ベースの音を再現する方法

4弦ベースに5弦用の弦を張ってあげればいいだけです。

楽器って安くないので、1曲のためにそんなポンポン買い足してられないですよね。

ましてや4弦と5弦であれば5弦ベースの方が高いです。

そんな時はわざわざ新しく5弦ベースを購入しなくても、実は弦を張り替えてあげるだけで対応できちゃいます。

補足説明
5弦ベースとは4弦のベースに加えて、更に低い音(Low-B)が1本加わります。
5弦専用のピックアップは存在しない

4弦ベースに5弦なんて張ったら音に問題がありそう。。。

上記のようなことを思われるかもしれないのですが、私が知るかぎりでは5弦だけに特化したピックアップっていうものがないです。

1弦~5弦まで全て同じ内部構造のピックアップで音を拾って出力してあげているだけなので、4弦ベースに5弦を張ったとしても何ら問題はないのです。

ボーカルが使っているマイクに男性用、女性用みたいなものがないように5弦専用のピックアップというものは存在しないのです。

つまりは5弦に搭載されているピックアップは5弦の弦間に合わせて音が拾いやすいように、ちょっとサイズ広げてあげてるということです。

5弦を貼る際の注意点

4弦ベースに5弦用の弦を張ってあげればいいだけなのですが、必ず注意して欲しいのがナット部分です。

4弦から5弦に張り替えると弦のゲージ(太さ)が上がります。

4弦仕様のナットのまま張り替えてしまうと、ナットの溝に弦が収まらず、ビビる原因になります。

ビビるとは
ナット溝形状が弦と一致していなかったり、その他調整不良が原因で振動する弦がフレットと衝突してビリビリと不要な音がなってしまうこと

専門的な知識があれば自分でも調整可能なのですが、それなりにシビアな調整になるのでプロに任せたほうが失敗はないです。

リペアショップにもよりますが溝の調整ぐらいでしたら5000円もあれば足りるかなと思います。

参考:島村楽器のリペア料金表

合わせてその他の調整をしたとしても5弦ベースを新しく買うより遥かに安上がりです。

3つのデメリット

わたし自身も4弦ベースに5弦を張って何年も使っていたのですが、その際に感じたデメリットをお話します。

スラップで迫力が出ない

必然的に1弦が無くなってしまうので、スラップをした際のあの煌びやかなプルの音が無くなってしまいます。

エフェクターでなんとか解消しようと思ったりしたのですが、低い音との兼ね合いもあってこれだけは長年の不満でした。

逆にスラップをあまりしない、1弦を多用しない人にはあまり関係ないですね。

レギュラーチューニングに戻せなくなってしまう。

注意点で述べたとおり、ナットの溝を削ってしまうので4弦仕様に戻す際にはナットごと交換することになってしまいます。

対策方法
最初にナットを削ってもらうのではなく、5弦用のナットを作ってもらい現行のものを取っておけば交換してもらうだけでOK。
1弦もったいない

5弦用のベース弦セットで4本しか張れないので、1弦は不要なのでゴミ箱に、、、

ちょっとしたことですが毎回もったいないなと思います。。

3つのメリット

今度は実際に仕様していた際に感じたメリットをお話しします。

コストが圧倒的に安い

先述しましたが、5弦ベースを買うより圧倒的に安く5弦の音を手にすることができます。

弦とナット調整で1万円もあれば改造できるのは魅力的。

操作性がいい

5弦ベースは必然的にネックが太くなるのでどうしても4弦とは違った握り方になってしまいます。

その点、今回の改造は4弦のネック幅のままで演奏できるので4弦しか使ったことがない方でも違和感なく演奏することができると思います。

指板を握り込めるので長時間演奏していても疲れづらいです。

周囲との差別化

見た目は4弦なのに中身は5弦仕様って中々通な使い方ですよね。

好きなベーシストがほとんど4弦だったっていうのもありましたが、人と違ったことをするというのはプレイヤーとしての魅力も上げることに繋がるのではないかなと思います。

まとめ

昨今は5弦ベースをメイン仕様するプロベーシストも多くいらっしゃいます。

また、バンドのチューニングも昔に比べると様々で4弦のダウンチューニングでも対応し辛い場面が多々あります。

そんな曲を演奏したい、しなければいけない際に5弦じゃないと無理と諦めてしまうは勿体無いですよね。

今回紹介した改造で今まで諦めていたような楽曲にも挑戦できるようになるので、新しい演奏から刺激を受けプレイアビリティの向上、創造力を高めることに繋がればいいなと思います。それでは🐸

【ベース】Bacchusって安心して使える?|答えはYES【二本目】

10月 5, 2020